個別か合同か希望や予算に合わせたお葬式のスタイル

個別火葬と合同火葬

ペットが亡くなった際には土に返すということで、たとえば、小鳥やリス、ハムスターなどの小動物や金魚や熱帯魚といった魚類や爬虫類などならお庭に埋めるということも可能です。
もっとも、大型犬の場合には土葬をするにも大変であるほか、体の小さな動物や金魚などの魚類であっても、マンション住まいなどでお庭がないと埋めることもできません。
そのため、火葬を行いたいという方も多くいらっしゃいます。

また土に返してしまうより、ご遺骨の状態でずっとそばに置いておきたいと考える方も増えており、大切なパートナーとずっと一緒にいたいと火葬を希望される方が増えています。

ペットの火葬は動物の対応をしているお寺や専門のお葬式業者を利用することができますが、一般的には個別火葬と合同火葬のプランが用意されており、希望や予算に応じて選ぶことができます。
人間の場合は死亡時の火葬は義務的なところがあり、国民すべてが加入する健康保険から葬祭費用が出るため、実質的にほぼ費用負担なく火葬を執り行うことができます。
ですが、動物の場合はこうした補助制度はありませんから、全て自費となります。
そのため、個別火葬の費用捻出が難しい場合には、他のペットと一緒に火葬を行う合同火葬を選ぶことで費用を抑えることが可能です。
ただし、合同で火葬する場合には遺骨も混ざってしまい、基本的にご遺骨の返還ができなくなります。

費用を抑えざるを得ない方や、火葬をしたうえで合同墓や永代供養塔に埋葬してもらえば、弔いの気持ちが収まるという方であれば合同火葬を選びましょう。
一方で、必ずご遺骨を戻したい方や、しっかりと見守りたい方なら個別火葬がおすすめです。

自宅安置かお墓か散骨か

個別火葬を選んだ場合には骨壺にご遺骨を納めて、手元に戻すことができます。

その後どうするかはそのご家庭や、飼い主様のライフスタイルや希望によって自由に選ぶことができます。
人間の場合も火葬してその日に直ぐお墓に納骨されるご家庭や、四十九日や一周忌までご自宅に安置されてからお墓に納めるケース、お墓を買わずにずっとご家庭のお仏壇で供養されるケース、最近では永代供養塔に納めたり、散骨や樹木葬を行うなど多様化していますが、動物の場合も同じように自由な選択ができます。
自宅に安置される場合も、ご家庭にある先祖の仏壇を使ってもいいですし、亡くなったワンちゃんや猫ちゃんのために新たに購入する方法もあります。

お墓も専用の霊園の専用のお墓を買う方法もありますし、菩提寺に相談して先祖代々のお墓に入れることも可能です。
納骨をするには費用がかかるため、しばらくは仏壇に安置しておき、ペットを可愛がっていらっしゃったご家族が亡くなられた際に同じ機会に飼い主と一緒に納めるという選択をとる方もいます。
また、散骨を希望される方も増えており、自然に帰すという意味を込めてクルーザーなどに乗って海に弔う方もいます。

クルーザーをチャーターするには費用や手間がかかるため、代行業者に委託をして合同散骨をするサービスもあります。
どうしなければいけないといった制約もありませんし、いつまでにしなければいけないといった期間の制限もありませんので、その時のお気持ちに応じて供養し、その後の気持ちの変化や生活環境の変化に合わせて別の選択をとることもできます。

仏壇かペンダントやポートレートか

自宅にご遺骨を安置したり、ずっと手元に置く方法も実は色々あります。
ご遺骨の本体は骨壺に納めてお仏壇に納めて弔うというのが一般的ですが、ご遺骨の一部を専用のケースに入れてペンダントにしたり、ストラップやキーホルダーにして持ち歩くスタイルや、お写真をポートレイトやイラスト画にして思い出を刻む方法もあります。

ペットの葬儀を任せるなら大森ペット霊堂 http://www.petsougi.jp/