ペットのお葬式から供養までの便利なサービス

人間並みのお葬式をしたいなら

ペットが亡くなった際に火葬のみを行って遺骨にしたうえで弔いをするスタイルと、人間同様に家族葬のような儀式を行って心許すまで弔いをするスタイルを選ぶこともできます。
自宅まで火葬車両で駆けつけ遺骨にしてお庭に埋めたり、お墓や納骨堂に納骨をしやすくするサービスのほか、火葬にあたって読経を行う簡素なスタイルの火葬式をはじめ、近年では人間並みのお葬式をする方法を選ぶ方が増えてきました。
人の場合、通夜と告別式を行う一般葬より、近年は家族や親族、親しい友人のみで行う家族葬が人気を集めています。

そのペット版のようなスタイルが人気となっており、ペット専門の業者や寺院を通じて執り行うことができます。
一緒に暮らしていたご家族や別居のご家族やご近所の方や、亡くなったワンちゃんの散歩仲間など親交のあった方にお声掛けして集まっていただき、専用の寺院や業者の用意する会館やお部屋で執り行うケースと、自宅に業者が祭壇などを用意してくれ、希望に応じて住職を呼び、ご家庭での葬儀の儀を執り行うこともできます。

ご家庭の宗教にもよりますが、仏教式の場合には読経を上げて、参列者の焼香やお花や好物などを備えるなどします。
火葬のタイミングは事前または事後になりますが、火葬をしてから、ご家族で精進落としのようにお食事会をしながら、ワンちゃんやネコちゃん、ハムスターや文鳥などの思い出話をされると悲しみも癒され、亡くなった経緯や看護への後悔の念などからも緩和され、ペットロスの発生を抑えながら、新しい日々のスタートを切る区切りをつけることができます。

お墓やお仏壇はどうするか

お葬式が済んだら、これもまた人間と同様の形式で供養をしたいということになれば、お墓の問題やお仏壇の問題が生じてきます。
ご遺骨が手元から離れてもお墓で供養をしたい、お盆やお彼岸、命日などにお墓参りをしっかりしに行けるということであれば、動物専用の霊園でお墓を購入されるか、先祖代々の菩提寺でワンちゃんやネコちゃんのご遺骨を納める場所があるかを確認しましょう。

お墓ではなく、室内などに用意された納骨堂で雨の日も気軽にお参りするスタイルも選べます。
ワンちゃんやネコちゃんのサイズにもよりますが、人間に比べるとご遺骨の量も少なく、骨壺もコンパクトなケースが多いので、そのままご自宅に安置して弔いをする方法もとれます。
その場合には先祖代々のご家庭にある仏壇に一角に安置される方法と、ワンちゃんやネコちゃん専用に小さなお仏壇をお求めになる方法もあります。

専門の業者やオンラインショップには、ペット向けに作られたコンパクトサイズでインテリアにもなるお洒落なお仏壇も売られており、おりんや線香立てなどの仏具も多彩なデザインやカラー、質感のものが揃っているので、好みや予算に合わせて選ぶことができます。

ペンダントやポートレート作成

可愛がっていたワンちゃんや大好きだった猫ちゃんとのお別れはとても悲しいもので、いつまでも心を引きずる方や、思い出を胸に生きて行かれる方も少なくありません。
スマホやケータイの画面に写真を入れて毎日思い出すといった方もあるかもしれません。

専門のお葬式業者やオンラインショップの中には、ご遺骨のかけらをペンダントの中に入れてくれ、お守りのように常に身につけられるようにしてくれるところもあります。
また、亡くなったワンちゃんや猫ちゃん、小動物などのお写真を送るとポートレートを描いてくれたり、彫刻を作ってくれたり、ぬいぐるみを作ってくれたり、マグカップなどに絵を入れてくれるサービスもあります。
何らかの形で思い出を残したい、死んだ後も常に一緒にいる感覚を得たいといった方は、こうしたサービスも活用してみましょう。